時短アイスコーヒーなら水出し抽出方法がいいよ

コーヒーは大好きだけれど、アイスコーヒーは苦手だと言う人も少なくありません。これは、カフェ等でホットコーヒーと同様にドリップなどで濃く淹れたコーヒーを冷やしたものが苦手だと言う事です。

こうした淹れ方のアイスコーヒーは香りもなく、単に酸味や苦味のみが強調され、味もイマイチなためと思われます。こうしたアイスコーヒーが苦手な人には、水出しコーヒーがお勧めです。

喫茶店等ではガラスの専用器具を使い、水を豆をひいたものに、一滴づつ落とし、ゆっくりと湧出していく方法で、この方法なら灰汁が出ずに、爽やかなアイスコーヒーを作る事が出来、一般的なアイスコーヒーが苦手な人でも美味しく頂けると思います。

しかし、この専用器具を使って抽出する方法は、一般家庭で手軽に行えないのが難点です。このアイスコーヒーと同様に家庭で簡便的に水出しコーヒーを作る事も出来、ここではそれを紹介します。

その方法は、市販されている水出しコーヒーポットを利用する方法です。この専用ポットには、細かいメッシュの長いストレーナーが付いており、ここに豆を挽いたものを入れて、じっくりと水出しする方法です。

室内で抽出する事も可能ですし、そのまま冷蔵庫に入れて抽出し、合わせて冷やすと言う事も可能です。この方法での抽出する事を豆やさんに話し、最適な豆を挽いてもらうと良いでしょう。

この方法でも、雑味なくコーヒー本来の香りと味を楽しむ事が可能です。アイスコーヒーは苦手言う人は、騙されたと思って、一度試される事をお勧めします。

エチオピアで100%自生している野生のコーヒーとは?

コーヒー発祥の地である東アフリカに位置するエチオピアではコーヒーの木が自生しています。

肥沃な大地と、人の手を加えていない豊かな森に生息するコーヒーの木から採れる豆はその香りはフレッシュでさわやか、味わいは透き通ったように柔らかく甘みすら感じられます。


自然の森からコーヒー豆を収穫するため、出荷量は非常に限られています。出荷量が少ないため、この貴重なコーヒーがブレンドされて売られてしまうことも多いのです。


100%エチオピアの野生のコーヒーを飲みたいと思ったら、インターネットで手に入れることができます。「アンドロメダ・エチオピアコーヒー」で検索すると分かります。

また、六本木にある「カフェ哲」では、その野生のコーヒーをいただくことができます。グルテンフリーのあんぱんやケーキ、特製のソフトクリームやパフェと合わせると最高の味わいになります。


そんな貴重なコーヒー豆を手に入れたら、ハンドドリップで飲んでいただきたいです。まず汲み立てのお水を沸かします。沸かしたてですぐに落とすことはせず、少し冷ましてから落とします。カップは沸かし立てのお湯で温めておきましょう。挽き立ての豆をフィルターに入れ軽く叩いて表面をならしたらポットから細くお湯を落として、まんべんなく行き渡るようにして30秒ほど蒸らします。後はフィルターの真ん中から「の」の字を書くように細めにお湯を落としていかいます。


コーヒーは淹れたてで飲むのが一番ですが、数杯分淹れてゆっくりしたいときには、ティーポットの保温カバー「ティーコージー」をかぶせると冷めにくく長く楽しめますよ。

コーヒーを愛する仮面ライダー

仮面ライダースカルというライダーをご存知でしょうか?

演じたのは吉川晃司さん。変身前の役名を鳴海壮吉というこのキャラクターはコーヒーをこよなく愛しています。白いスーツにハット、吉川晃司さんでなければ笑えてしまうようなキザさのあるキャラクターですが、その鳴海壮吉には相棒がいます。

その相棒はとにかく調べるのがうまい、鳴海壮吉は探偵業を営んでいるのですが、相棒が図書館で調べものをしまくって、鳴海壮吉をアシストします。でも、鳴海壮吉には絶対に調べた情報を聞かないものがあるんです。それがコーヒー。

コーヒー豆を炒るところから始める鳴海壮吉ですが、いつも失敗の連続。しかもめちゃくちゃかっこ悪いんですよね、そのコーヒーをいれることに失敗するシーンが。そこで相棒はコーヒーのいれ方を説明しようとするんですが、絶対に聞かない。コーヒーにだけは絶対に我流を貫く鳴海壮吉、そしてまた失敗。そのかっこ悪さが、男は好きなんですよね。

カッコ悪く失敗することのかっこ良さを感じるヒーローなんです。コーヒーってそういう美学みたいなものに合う飲み物だと思うんです。最大限にキザなキャラクター設定のこの鳴海壮吉が愛するものがコーヒー。

かっこいい飲み物ですよね、コーヒーって。

上島珈琲店の黒糖アイスコーヒーが絶品

私の好きな大手コーヒーチェーンは上島珈琲店です。

あの落ち着いたシックな大人の雰囲気が非常に居心地が良く、ついつい長居してしまいます。上島珈琲店のメニューの中で私が毎回注文するメニューが黒糖アイスコーヒーです。私は、普段は黒糖があまり好きではないのですが、この黒糖アイスコーヒーだけは全く別物です。黒糖の甘さがここまでコーヒーに合うのを知ったのは上島珈琲店のおかげです。

初めて飲んだ時から、完全にはまってしまいました。

今までに一体何倍飲んだのか自分でも想像できない程の杯数を飲んでいると思います。
この黒糖アイスコーヒーを飲みながら、あのシックな落ち着いた店内で過ごす時間が何よりも幸せに浸れる時間です。

上島珈琲店は最近、新しいコンセプトのNo.11というお店を始めました。そこにも上島珈琲店好きの私は当然ながら行きましたが、私の個人的な感想としては、今までの上島珈琲店の方が断然に好みだと思いました。私の好きな黒糖アイスコーヒーも極黒糖アイスコーヒーとなり、お値段が上がっていました。

私は、今までの黒糖アイスコーヒーで十分に満足しており、グレードが上がってお値段が上がるのは正直嬉しくないのです。現在の上島珈琲店が、このコンセプトショップにあまり変わらないことを私個人としては願っています。

休日の幸せタイム!焼きたてパンとコーヒー

みなさんにとって一番心が休まる時間は何をしている時ですか?

私は休日に小麦粉からパンを手作りし、焼きあがると同時に挽きたてのコーヒーを入れることです。この美味しいコーヒとパンがあれば他に何もいりません。最近はコーヒーがどんどんメディアに注目されてきているので、美味しいコーヒーが田舎でも買うことができるようになりました。これはコーヒー好きとしてはとても嬉しいことですね。

最近はコーヒーの淹れ方にもこだわっているので、ハンドドリップだけでなくアメリカからやってきたエアロプレス抽出なんて最新の方法にもチャレンジしています。美味しいコーヒーの追求は尽きないのですが、勉強が楽しいので苦労にはなりません、

これからどんどん美味しいコーヒーの情報を発信していこうと考えています。

よろしくお願いします。